So-net無料ブログ作成

親不知コミュニティーロードの展望台 [旅の報告]

平井英明

 先日の木本さんの栂海新道に関する記事を読み、その行動力には毎度の事ながらただただ感服するのみでした。
 今回、偶然にも糸魚川方面への旅行があり、「親不知コミュニティーロードの展望台」にも立ち寄ることができました。
 日本海に落ち込む岩壁、そこを縫うように道路が幾すじか見え、天下の険「親不知」を改めて実感しました。
栂海新道開設者小野.jpg

ウェストン.jpg
 同時に、木本さんの報告にある栂海新道についても、栂海新道開設者の小野健氏と日本近代登山の父のウォルター・ウェストン氏の紹介パネルがありましたので写真を撮りました。

四世代道路の展望.jpg
 展望台から確認できる「四世代道路」の写真も送ります。あいにく、糸魚川駒ヶ岳方向は雲の中で確認できませんでした。
コメント(4) 

コメント 4

梅林ガール

勉強不足で申し訳ないのですが、四世代道路って?

by 梅林ガール (2018-10-05 19:53) 

平井

四世代道路とは、江戸時代まで「親不知」には道路がなく、わずかな波打ち際を通っていたそうです(第一世代)。明治になって、崖を切り開き道路を作りました(第二世代)。その後、建設省は国道8号線を建設しました(第三世代)。そして、現在は北陸自動車道が通っています(第四世代)。この様子がこの展望台からうかがい知ることができます。ちなみに親不知コミュニティ―ロードは第二世代道路を活用しているとのことです。
私もうる覚えですがいじょうです。なお、「親不知四世代道路」でネットを検索すると詳しい説明がありました。参考にしてください。


by 平井 (2018-10-05 20:54) 

北陸の老残

 四世代道路のこてゃじめて知りました。
 少し勉強して改めて観察してみます。
by 北陸の老残 (2018-10-06 05:42) 

梅林ガール

栂海新道も歩きましたし、自家用車で北陸自動車道も通りましたが、初めてしりました。 
by 梅林ガール (2018-10-12 22:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。