So-net無料ブログ作成

御嶽山解禁 [登山報告]

湯川喜義

4年前の9月27日に突然噴火して多くの犠牲者が出た御嶽山、その山頂までの登山道が解禁(註)されたので、慰霊兼様子見に9月28日に行って来ました。

山小屋は噴石で壊れ、二ノ池は火山灰で半分以上埋まり、惨状は想像以上のものでした。
当日は、解禁直後の好天日でもあり、大勢の人が登っていました。
様子を写真で報告します。

8合目・女人堂.JPG
八合目・女人堂

慰霊碑.JPG
慰霊碑

シェルター.JPG
シェルター

山頂への階段から.JPG
山頂への階段から

山頂より二ノ池.JPG
山頂より二ノ池

三ノ池.JPG
三ノ池
この三ノ池の景色は変わりありませんでした。

(註)規制緩和は10月8日(月)正午まで。御岳ロープウェイの営業は11月4日(日)まで。
御嶽山の活動状況は以下を参照。
気象庁のサイトhttp://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/312.html

長野県側の情報
木曽町
https://www.town-kiso.com/bousai/bousai/100206/100208/
王滝村http://www.vill.otaki.nagano.jp/info/kakuka_osirase/somu/funka_information.html

岐阜県側の情報
下呂市http://www.city.gero.lg.jp/jichimaru_jpn/kurashi/node_583/node_7743/node_7747/node_32161


コメント(3) 

コメント 3

カッパちゃん

シェルターが新しく作られたのですね。噴火のちょうど1年前に行ったので、懐かしく見ました。さすが地元の方ですね。
by カッパちゃん (2018-10-03 18:33) 

梅林ガール

7年くらい前に登った御嶽山の懐かしい景色ですが、慰霊碑やシェルターなど 真新しい光景ですね、二ノ池がほぼ火山灰に覆われているように見えるのに、三ノ池の美しい色が悲しく感じられます。
by 梅林ガール (2018-10-03 20:23) 

駒にえべし

もう30年以上前になりますが、御嶽山周辺を襲った地震「長野県西部地震」がありました。それから何年も後の話になりますが、周辺の地殻変動調査を目的とした観測機器の設置調査の一環で御嶽山を王滝頂上から継子岳まで縦走したことがあります。私にとってこれが初めての3000m超えの登山でもあり、朝から晩まで歩きづめで膝がガクガクで這うようにして下山したこと、風景や匂いなど異次元に迷い込んだような独特の世界を感じたことなどが思い出されます。
改めて、活動中の火山であることを肝に銘じるとともに、先の噴火で犠牲になられた方々にご冥福をお祈り申し上げます。
by 駒にえべし (2018-10-04 21:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。