So-net無料ブログ作成

白馬岳(上駒ヶ岳) [登山報告]

木本桂春

今年の山のテーマの一つは駒と犬の山名の山を登ることであった。
その中の北アルプス・後立山の白馬岳を残している。
白馬岳はかつて日帰りで登れたが、今は力及ばずゴンドラとリフトに小屋泊のコースを選ぶ。

10月7日、小雨が降っていたが栂池に着く頃には晴れた。
ゴンドラとリフトで栂池自然公園から乗鞍岳を経て、白馬大池へ。
道は3連休の下山する人で混雑していた。

グラフィックス1.png
午後3時、白馬大池着、紅葉の盛り。小屋は本日で終了。
小屋に20人ほど宿泊、閑散としていた。

10月8日、夜半に起きる、満天の星空。3時、ランプを点けて出発。船越ノ頭に出ると冷たい風が吹き、手がしびれる。

グラフィックス2.png
4時40分。東の空が明るくなる。

グラフィックス3.png    
5時を越えたころ小蓮華山着。ようやく標識がみえる。

グラフィックス4.png    
5時29分、朝陽が出る。白馬岳が浮かび出た。

グラフィックス5.png    
三国境を越えた、右に剱岳が姿をあらわす。

グラフィックス6.png    
頂上に2、3人。圧倒的な秋に見とれていた。

グラフィックス7.png    
先日登った唐松方面を見る。左に杓子岳、白馬鑓ヶ岳、雲のかかった唐松岳、その奥が五龍岳。
   
グラフィックス8.png
白馬岳から下山する人に、ぽつりぽつりと出会う。昨日の混雑が嘘の様。大きな秋を楽しむ。左下方に雪倉岳・蓮華鉱山道の紅葉の裾模様。

グラフィックス9.png   
大池小屋を過ぎると誰にも会わず。乗鞍岳下の真紅の紅葉。
   
栂池自然公園に12時着。乗り物は平日なのに人が多い。
これで2組目の駒と犬の山を対で登れた。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。