So-net無料ブログ作成

11月の酉と駒 [登山報告]

木本桂春

雁谷峯

11月早々の山行2つ。地元の朝日町笹川源流の山へ向かいます。
酉の山・雁に目を付けたものです。

Picture1.jpg                  
葉も落ちた雁谷峯

この後は仁王平峯・仁王山・南保富士・猪山を落ち葉踏みしめ歩きます。

Picture2.jpg                           
下山口の七重滝

米山・駒ヶ岳
田口会長から米山駒ヶ岳の580m地点にある駒の小屋(駒ヶ岳)管理者の調査と駒ヶ岳の山名、再調査を指示され、紅葉狩と併せて出かける。

Picture3.jpg             
黎明の全山紅葉・米山駒ヶ岳

Picture4.jpg             
山毛欅の落葉と駒の小屋(駒ヶ岳)

小屋は地元の柿崎山岳会が平成20年に建てたものです。
駒ヶ岳の名称は麓の下牧で呼ばれた名称と考えられます。

Picture5.jpg
小屋の上にある三十三観音

Picture6.jpg
路傍の石仏、お顔に心が和みます。

Picture7.jpg
女しら場と呼ばれた女人結界跡。

ここに2体の木馬が安置されていました。今は避難小屋です。
2002年に下牧のお仮堂を田口会長と調査した時、木馬、絵馬などを詳細に記録して報告書が出ています。

Picture8.jpg
頂上から越後駒ヶ岳方面

機会があれば米山駒ヶ岳の再まとめを報告したいと思います。
今日の驚きは、今年元旦から287回目の米山登山という80歳の老人に出会ったことです。
私に「お若いから先に」と言われましたがとてもそのスピードには着いていけません。
往復約5時間を3.5時間で歩くそうです。年内200回を目標とのこと。
自分の精進を肝に銘じました。

以上、今月の酉と駒の山行でした。
コメント(2) 

コメント 2

梅林ガール

毎日が登山ですか? 素晴らしい行動力というか時間がありますねー 羨ましい限りです。
by 梅林ガール (2017-11-10 21:34) 

駒草書林

「史跡と標石で辿る日本の測量史」上西勝也より引用

米山の原三角測點

地図:柿崎

 新潟県柏崎市と柿崎町の境界にある山で頂上には米山薬師堂があり、お堂から向かって右(西)の茂みのなかに原三角測點があります。上辺15.5センチメートル、下辺27センチメートル、地上高さ36センチメートルの角錐柱標石で上面の対角線は磨耗したのか見られません。南東面には「原三角測點」北東面には「明治十五年八月」南西面には「内務省地理局」と刻字されています。北西面には刻字はありません。
 原三角測點から直線距離で東南7メートル程度で、薬師堂の石段を下りた広場には現行の一等三角点「米山」5538-73-4801があります。さらに3メートル南の位置に原三角測點の補助点と思われる標石があります。上辺9センチメートル、下辺12センチメートル、地上高さ21センチメートルで上面には東西、南北方向に対角線が刻印されています。側面は荒削りで刻字は見当たりません。

by 駒草書林 (2017-11-11 19:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。